AMuxエリアワンセグ放送システム

AMuxエリアワンセグ放送システムは、ワンセグ放送(微小電力ワンセグ、エリア限定ワンセグ)の映像・音声・字幕・データをスケジュールに則って放送するオールインワンのミニ放送局システムです。ヒロテック社のDBSシリーズのMUX-OFDM変調器に対して、ASIでのTSデータの送出、ネットワーク経由での指令を行います。

システムを構成するソフトウェアは以下のモジュールからなります。

    ・EPG型番組スケジュール作成ソフトウェア
    ・EPG型BCML登録ソフトウェア
    ・番組送出スケジューラー
    ・BML送出スケジューラー
    ・TS-MUX送出サーバー
    ・付属ツール
    MP4toTSコンバーター
    BMLエディター
    BCMLコンバーター

 各ソフトウェアはTCP/IPまたはファイル共有によるデータのやり取りで協調的に動作するので、必ずしも同一パソコン内にある必要はなくネットワークで接続していれば複数のパソコンで分散処理可能です。システム稼動中は、番組送出スケジューラー・BML送出スケジューラー・TS-MUX送出サーバーは常に実行状態にある必要があり、EPG型番組スケジュール作成ソフトウェア・EPG型BCML登録ソフトウェアは必要に応じて動作させればいいので、一般的に2台のパソコン(TSファイルサーバーを含めれば3台)で運用するのが安定かつ安価な構成となります。

 EPG型番組スケジュール作成ソフトウェア AMuxScheduleEditor

    EPG型番組スケジュール作成ソフトウェアAMuxScheduleEditorは、デジタル放送の動画、音声、番組・EPG情報、字幕データの放送スケジュールの作成・編集と番組送出スケジューラーへのスケジュール情報の伝送を目的とするソフトウェアです。ユーザは番組・EPG情報を追加することにより基本的なスケジュールを作成し、そのスケジュールにあらかじめ作成されている動画・音声TSや字幕データを登録することにより放送スケジュールを編集します。

 

 EPG型BCML登録ソフトウェア AMuxBCMLRegister

    EPG型BCML登録ソフトウェアAMuxBCMLRegisterは、BMLデータの内容、動作を規定するBCMLファイル指定でのBMLデータ配信スケジュールを作成・編集と番組送出スケジューラーへのスケジュール情報の伝送を目的とするソフトウェアです。ユーザは番組情報を追加することにより基本的なスケジュールを作成し、そのスケジュールにあらかじめ作成されているBCMLファイルを登録することにより放送スケジュールを編集します。

   

 番組送出スケジューラー AMuxScheduler

    番組送出スケジューラーAMuxSchedulerは、番組スケジュール作成ソフトウェアで作成された配信スケジュールからEPGデータのTS生成をおこないTS-MUX送出サーバーに送出します。また、スケジュールの指定日時にしたがって映像・音声TSデータの送出指令をMUX-OFDM変調器に送ります。

     

 BML送出スケジューラー AMuxBMLCast

    BML送出スケジューラーAMuxBMLCastは、BCML登録ソフトウェアで作成されたBML配信スケジュールの指定するBCMLデータからBMLカルーセル伝送のためのTSデータを生成し、指定する日時、時間でTS-MUX送出サーバーに送出します。BCMLの指定する更新情報、プライオリティ、イベントメッセージ等を解釈し動的な配信を行います。

     

 TS-MUX送出サーバー AMuxTSTransfer

    TS-MUX送出サーバーAMuxTSTransferは、TCP/IPネットワークで送られたBML、EPG、字幕、イベントメッセージのTSデータを指定したビットレートでMUXしASI出力ポートを介してMUX-OFDM変調器に送出するソフトウェアです。BML、EPGデータはカルーセルによるデータ伝送で送出されます。

      

○編集ツール

 MP4 to TS コンバーター

   ワンセグ用の映像・音声TSファイルを作成するためのツールです。

   

 ・BCMLコンバーター
  データ放送コンテンツのBMLデータからBCMLファイルを生成します。

   

BMLエディター AMuxBMLEditor

       データ放送コンテンツの BMLファイルを編集するためのソフトです。BMLデータのタグ、タグごとに規定された属性とその値、タグのデータを追加・編集・削除ができます。またスクリプト編集ではキーワード、コメント、ストリングデータを色分けして編集可能です。GUIで画面の表示を指定したりプレビュー画面を表示したりする機能はありませんが、BMLのネスト構造やスクリプトの構成、ARIBの規定や運用で許される機能を理解しながらBMLデータを作成することができます。