地域密着型データ放送のためのシステム               
ケーブルテレビ局向けデータ放送システム 

  ケーブルテレビ局向けデータ放送システム AMuxCableTV 

 お仕着せのシステムやどこかに開発依頼では、放送の世界でもイノベーションや新しいサービスは生まれないと考えます。ケーブルテレビ局向けデータ放送システム AMuxCableTVは、放送局のスタッフやデザイナーが現場感覚に沿ったデータ放送コンテンツを自前で開発し放送できるシステムです。

ケーブルテレビ局向けデータ放送システムAMuxCableTV パンフレット

完全自前でコミュニティーチャンネルのデータ放送を構築・運用できます。

 特徴                AMuxCableTV特徴(PDF表示)


  • 複数ユーザーによるコンテンツ作成、放送前の画面確認

  • サーバーによるデータの一元管理

  • インタープリタ形式による機種依存の排除、検証作業の省略化

  • 放送画面そのままでの編集作業

  • ユーザー・権限による項目ごとの編集権管理

  • スケジュールによる番組コンテンツの自動放送

  • Webデータ取得、RSS取得、メール連携などの外部データ取り込み

  • 全放送データ記録による同録機能

  • データ放送ネットワークアクセス

  • イベントメッセージによる高速テキスト表示、画面制御

  • 基幹放送とは独立したテスト検証放送

欠点は、


  • BML言語のECMAScriptインタープリターの上で動くインタープリターなので古いテレビでは動作が少々遅い

  • 提供する機能以上のことはできない。PNGの色数に弱し(グラデーション不可)


システム導入

 ケーブルテレビ局向けデータ放送制作システムAMuxCableTVは、デモソフト、開発システム、本放送用システムからなります。ステップ・バイ・ステップでコンテンツ開発、システム構築、運用ノウハウの獲得ができます。
 まずデモ版を入手してサンプルを参考にコンテンツを作成するところから始めることができます(お問い合わせメールボタンへGO)。デモ版では、実際にデータ放送画面のデザイン、文字・画像入力、動作定義といったデータ放送コンテンツの作成をしてPCでプレビューすることができます。このシステムでは、PCブラウザでHTMLページのリンクに飛んでいくというようなコンテンツ(データ放送の一般的なBMLコンテンツも同じスタイルです)ではなく、パワーポイントのようにページ間を遷移するようなコンテンツを作成します。パワーポイントを使いこなしている方ならこのデモソフトだけでデータ放送コンテンツ作成方法をマスターできると思います。
 開発システムを導入するとデモソフトで作成したコンテンツを実際にテレビで表示させてみることができます。開発システムは本放送用システムのサブセットのデジタルテレビ掲示板PLUSです(参照:データ放送・データ放送オンライン・静止画放送システム構成)。開発用OFDM変調器で実際に局内のテレビに放送することができます。開発用OFDM変調器は館内向けのオールインワンタイプの変調器で、映像エンコーダー、データ放送出力などの一通りの機能を持っています。デジタルテレビ掲示板PLUSはサーバー・クライアントモデルのシステムですが、開発用として利用するので一台のPCにサーバーソフト、クライアントソフトを導入してもかまいません。この開発システムでは、作成ツールでコンテンツを作成、編集ツールでコンテンツの実データの編集、メール連携ソフト、ウェブ取得ソフト、スケジュールソフトで自動的なデータ更新をおこないます。
 本放送用システムではサーバー(1Uラックタイプ)を中心とした構成になります。サーバーにはCMS機能を持ったデータ放送送出サーバーソフトを中心に、メール連携ソフト、ウェブ取得ソフト、スケジュールソフト、ウェブ画像取得ソフト、RSS取得ソフトなどのソフトウェアが実装されます。放送データの履歴をデータベース化して同録システムとして機能します。オプションで気象情報、台風情報を送出するソフトウェア(ただしコンテンツ情報会社との契約が必要)もあります。作成・編集はこのサーバーとLAN接続されるクライントPCでおこないます。
 サーバーには基幹放送システムに安定的にトランスポートストリームを送出する専用の小型PCユニットを接続します。このユニットには静止画放送をおこなう機能やイベントメッセージを送出する機能が装備されているので、リアルタイムな信号や映像と連動した高度なデータ放送コンテンツ運用もできます。
 また、本放送用システムではデータ放送オンラインのコンテンツを作成するツールが標準装備です。放送用コンテンツと互換性があるので、作成したコンテンツをそのままオンラインで提供できます。リアルタイム系の情報は放送によるデータ放送コンテンツで、より高精細な画像や詳細な情報はウェブサーバー上のデータ放送オンラインコンテンツで提供できます。

データ放送コンテンツ(機能紹介サンプル)

  

ハードウェア構成

ソフトウェア構成

 

 

データ放送サーバー運用パソコン

        U1ラックサーバー

 データ放送運用に必要な各種リソース(ソフト、ハード、環境設定など)をオールインワンに収めたパソコン。設置した時点ですぐに運用開始できます。

ローカル使用 Webサーバー、FTPサーバーなど
データ放送サーバーシステムソフト データ放送サーバーAMuxDataServer
RSSチェック&コンバートツール
Webチェック&コンバートツール
メールチェック&コンバートツール
HTMLチェック&コンバートツール
メールコマンダー(メールによるマクロ書き換え)
弊社サポート VPNクライアント サポート時に、弊社サーバーにログイン。
リモートにより画面を共有しながらアシストします